2007年09月04日

Eric Clapton(エリッククラプトン) / Change The World



超久々にブログを更新。

というわけで今回はエリッククラプトンとベビーフェイスというビッグネームが競演した(?)チェンジザワールド・・(ちょっと古い)

私のipodではもう何回聴いたかわからないほどです。
一度聴いたら忘れられない名曲だと思いますね〜。

ソウル好きやR&B好きにはたまらないのではと個人的には思っています。大体イントロのギターのフレーズから渋いんですよ。

クラプトンでは【レイラ】や【ティアーズ イン ヘブン】などが気に入っていましたがこの『チェンジザワールド』を聴いてからはクラプトンのなかでも一番好きな曲になりましたね〜。

ちなみにコーラスで参加(クラプトンのアルバムでは・・)のベビーゲイスことケニーエドモンドさんも大好きなんですよね〜。まぁ、この辺はまた今度。

ちなみにyoutubeというGOOGLEの子会社のお陰でライブ版の『チェンジザワールド』も見れるんですね〜。このバージョンは知りませんでしたが大人な感じが格好良く後半の盛り上がりは最高です。

続きを読む
posted by music junkie at 21:41| Comment(36) | TrackBack(0) | R&B・リズムアンドブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

Blacknuss allstars /Rising To The Top

blacknuss
Blacknuss


Blacknuss allstars /Rising To The Top

1995,6年頃に渋谷のシスコで買ったBlacknuss allstars(ブラックナス オールスターズ) /Rising To The Top
その当時はまったく知りませんでしたが名曲『Rising To The Top』という曲をカバーしているので試聴してみたところ・・

めちゃくちゃかっこいい!

の一言で早速買った記憶のあるレコードです。

原曲自体は、ケニーバークだった気がしますがベースラインが印象的な超名曲です。

しかし、その名曲にも負けないアレンジで、ケニーバークの雰囲気とはまったく違うアシッドジャズのテイストが全開。
女性ボーカルが妙にマッチしていて今まできいたカバーでも一番かっこよいと思いますね!

いまではこの12inchも結構珍しいかもしれません。

インコグニートやJTQなどがアシッドジャズに目がない人は間違いなく満足できてしまう1曲ですね。
もう10年もきいているのか〜。

ちなみに・・・私の記憶ではAcid Jazzレーベルからでているコンピ(スウェーデンだったかな?)も持っていたのですが
ピアノのアドリブやらが長かったりとちょっぴりアレンジが違ったのを覚えています。

試聴 → Rising to the top

アマゾンなら → Blacknuss


続きを読む
posted by music junkie at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | accid jazz/アシッドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

マティアス・フォークト・トリオ《CHANGING COLOURS》

negrocan ネグロカン
Changing Colours


マティアス・フォークト・トリオ 『CHANGING COLOURS』

ひょんなことから知ったMATTIAS VOGT TRIO(マティアス・フォークト・トリオ )。
といっても知ったのも『re;jazz』というクラブミュージックをジャズで演奏してしまおうとかいうコンピで知ったのですが・・。

もともと『re;jazz』のコンピ自体がかなり気に入っていたのでそれに関連しているというだけで即買いしてしまったわけです。

で、このアルバム自体はなかなか良いです。ジャズ〜フュージョンのようなニュアンスですかね。

でも、1曲目のThe Looking Into your Eyes feat.Roger Cicero は超格好良かった!

最近聴いた曲の中でもお気に入りかもしれません。

ジャズブルースのような雰囲気でとにかく渋い!!

個人的にはヘビーローテションしてしまう曲ですね。
知り合いにも是非教えてあげたい。

他にもやはりクラブミュージックを彷彿とさせる曲やボサノバチックな曲もなかなか。


ジャズ・フュージョンなど好きな人にはお勧めの一枚でしょうね。
後期のラリーカールトンやリーリトナーの雰囲気に似ている気がします〜(^^;)

続きを読む
posted by music junkie at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | jazz/ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

NEGROCAN(ネグロカン)/ CADA VEZ

negrocan ネグロカン
NEGROCAN/ CADA VEZ


『NEGROCAN / Medio Mundo』

NEGROCAN・・・ネグロカン?読み方がいまだに良くわかりませんが(^^;)

Da Lata (ダラータ)とともに好きなバンド。これはラテン・サンバ・ボサノバ・ジャズ系のバンドでしょうかね。
詳しいことは、あまり知りませんが・・

CADA VEZ という曲を試聴だったかクラブで聴いたのが一番最初に知ったきっかけですかね。
たしかハウスシーンでのリミックスが異様に格好良かった気がします。

ネットで調べてみると・・・・

------------------------------------------------------------------
初期ダ・ラータのヴォーカリスト、LILIANA CHACHIAN(リリアナ・シャシアン)率いる
イギリス産ブラジリアン・ジャズ・バンド、ネグロカン。
ハウスREMIXされ、HOUSEシーンでも大ヒットしたオリジナル・ヴァージョンが、
多数収録されたアルバムです。
「CADA VEZ」、「AQUELA ESQUINA」、「EN LOS LIBROS」の他、
スティービー・ワンダー「SUPERSTITION(迷信)」のインスト・カバー収録。
------------------------------------------------------------------
なんと似ているとは思いましたが、大好きなDa Lata (ダラータ)のボーカルが率いて
バンドだったとは・・

そうそう、スティービーの「SUPERSTITION(迷信)」がインストで収録されているのも嬉しかった
んですよね。

ラテンジャズやボサノバなど好きな人にはお勧めの一枚でしょうね。
スカパラとかモンドグロッソ(初期)に似ている気がします〜(^^;)

続きを読む
posted by music junkie at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン・ボサノバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

Bill Evans Trio (ビル・エヴァンス・トリオ) / Autumn Leaves

Portrait in jazz
Autumn Leaves (Portrait in Jazz )



『Bill Evans Trio (ビル・エヴァンス・トリオ) / Autumn Leaves 』

ジャズで一番最初に練習した曲が枯葉こと『Autumn Leaves』でした。

確か一番最初に聴いたのもこのビルエバンスの枯葉だった気がする・・はじめて聴いた時はイントロのメロディーフェイクに驚き、立て続けに演奏されるソロに驚いたものです。

私が云々書かなくてもジャズを聴き始めた人は必ず聴くアルバムの一枚ではないでしょうかね(^^;)
ベースとピアノのバース交換もスリリングで本当に聴き応えがあります。

ジャズのアドリブというとめちゃくちゃに弾いていると思う人もいるかも知れませんが、実はメロディー
と同じ小節・コードでキッチリ弾いているんですね。
(なのでアドリブ中にメロディを口ずさむとぴったりはまるんですね。昔知ったときは驚いたもの
です)


た、この枯葉が入っている『Portrait in Jazz』はAutumn Leaves 以外にも

Witchcraft
What Is This Called Love?
Some Day My Prince Will Come

などといったスタンダードもありジャズをはじめて聴く人にもおすすめの一枚かな??

Autumn Leaves (Portrait in Jazz )

続きを読む
posted by music junkie at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | jazz/ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

LLORCA (ロルカ) / Indigo Blues (インディゴブルース)

LLORCA
Indigo Blues



『LLORCA (ロルカ) / Indigo Blues 』

LLORCAの『New Comer』。このアルバムは『Indigo Blues』しかほぼ聴いていないのですが

Indigo Blues の出来映えがかなり格好良くて何度も聞いている思い入れのある曲です。


淡々と繰り返されるピアノとパーカッションのバッキングがとても印象的で途中トランペットなどが
絡まってくるあたりがマイナー系好きの私にはたまらないです!!
最初に聴いたときは、ボーカルが男か女かわからなかったのですが、かなり格好良いな〜と思った
記憶が・・・

いま、丁度聴きながらこの文章を書いていますがかなりディープな感じやジャジーなのでディープハウス好きな人にも結構気に入る可能性大では?(私はジャズもディープハウスも好きなので・・)

この曲はナイトクラブなどでは結構盛り上がるでしょうね〜。

何度聞いても格好良い!


ちなみにネットで検索してみると・・

何だかテクノ系のアーティストのようですね。(^^;)
http://www.mcm.net/musique/ficheartiste/5421/

アマゾンで試聴できるようですので気になる人は・・

Indigo Blues

続きを読む
posted by music junkie at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | jazz/ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

Incognito (インコグニート) / Still a Friend of Mine





『Incognito (インコグニート) / Still a Friend of Mine 』

超久々にレコード棚からもってきたインコグニートの『Positivity』
このアルバムにある『Still a Friend of Mine 』は何回聴いたことでしょうかねぇ〜。

50回は軽く聴いている気がします・・出だしのベースラインを何故かギターでコピー
したりもしましたし。

いわゆるジャズファンクもしくはアシッドジャズが異様に流行った90年代・・(懐かしい)
に本当にヘビーローテーションした思い出深い曲。

このブログでごちゃごちゃ書かなくてもインコグニートの大傑作であるのは間違いないと
思いますね。

メイザリークのボーカルもとてもマッチしているし、何せメロディフェイクがうまい!(というか個人的に好き♪)

確か自分はレコードですが、12inchもアルバムも買ってしまいました。いまではボロボロですけどね。

インコグニートが好きな人はもちろんソウル・ダンスなど好きな人は間違いなしの名曲だしこのアルバム自体が完成度が高いと思う。


これもアマゾンで試聴できるようですね。気になる方は一度聴いてみては・・

Still a Friend of Mine

続きを読む
posted by music junkie at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | accid jazz/アシッドジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

sade(シャーデー) / Kiss of Life(キス・オブ・ライフ)





『sade(シャーデー) / Kiss of Life(キス・オブ・ライフ)』

この曲はジャンルで言うとなんなのでしょうねぇ〜ジャズ風ともいえなくわないし・・・

とにかくシャーデーの大人ぽい歌声+シンプルなドラム、ミュートされたギターのカッティングにテンションの聴いたピアノ・・・

マイナー調が好きな私にはたまらない曲です。

R&Bといいうか・・・・ドライブしながら彼女と聞きたいものです。

シャーデーは本当に好きなアーティストで他にも良い曲満載ですがそれはまたの機会に。

アマゾンで試聴できるようですね。気になる方は一度聴いてみては・・

Kiss of Life

続きを読む
posted by music junkie at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Soul/ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

DENISE LASALLE(デニスラサール) / I'm So Hot(アイム・ソー・ホット)




さて今日は何を聴いて書こうかと思いレコード棚へ手を・・

つかんだのがこの曲

『DENISE LASALLE(デニスラサール) / I'm So Hot(アイム・ソー・ホット)』
この曲をはじめて聴いたのはもう10年前でしょうかね〜。

確か当時はフリーソウルブーム(懐かしい・・いまも人気あるのかなぁ〜)のころだったと思うのですがダンスフロアーで聴いた瞬間に


『この曲なに??』ってなった曲でした。


ドラムフィルからスタートしイントロからキャッチーな
パーカッションとギターのリフが嬉しいナイスな曲です。(個人的に・・)



ミディアムテンポのダンスチューンですね。

いわゆるフリーソウルやディスコが好きな人なら間違いなしの1曲でしょう!

色々ネットで見てみるといわゆるダンスクラシックの名盤でキラーチューン(笑)
と色々書いてありますね(まさにその通り!)




今聴いても、やはり良いですね〜。

サビが印象的で踊りやすいのでソウル系のDJならきっともっている一曲かな?

続きを読む
posted by music junkie at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Soul/ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

ブログスタート

流行のブログをはじめてみます〜。
ゆっくり更新していきたいものです。

タイトル名は、ジャズの古典的スタンダード『枯葉』からとりました。

何だかんだいっても好きなんですね。

一番最初に聴いたのはビル・エヴァンスでしたかね・・・理解できなかったのですが段々とひきこまれたのを記憶しています。

と関係ないことを書いていますが、今後は自分が聴いた名曲たちを紹介し、かってきままに自己実現をできればいいかと・・・。
posted by music junkie at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。